十番堂 十番堂

電話予約

WEB予約

無月経が鍼灸治療で改善した1症例

 

一覧へ戻る

一覧へ戻る

【患者】 

43代 女性 主婦

【主訴】 

無月経

【現病歴】

初診日の6ヶ月前に、家族に対する心配事が増えた途端に月経が来なくなる。

婦人科で処方されたホルモン剤を服用すると月経は来るものの、全身の浮腫み、身体の重だるさ、体重増加などの副作用が生じる。

副作用に悩まされる為ホルモン剤を中止すると、月経はまた来なくなってしまう。

西洋薬を使用せず、自然と月経を起こしたいと訴え、当院に来院。

【症状の発生機序】

元々心配性でストレスを溜め込みやすい性格の上に、家族に対する心配事が増え、精神的負担が強くなる。

ストレスにより全身の血流(特に下半身)が悪くなり、月経が来なくなる。

経血が少なくて無月経になっているパターンではなく、経血が渋滞して無月経になっているパターン。

【治療方針】

気持ちを落ち着けて精神的負担を減らし、全身の血流を改善する。

加齢に対しても配慮し、疲労を回復しやすくする。

上記の効果を持つ経穴1ヶ所に鍼灸治療をする。

【経過】

週1回のペースで、2ヶ月間治療すると、月経が来た。

以後、月に2回のペースで治療を継続しているが、薬に頼らず月経がきている。

十番堂のLINE

最新の記事

お問い合わせ

治療に関することなど、お気軽にお問い合わせください。